マンションのプロを育てるために

マンションライフ研修センターはマンション管理業務における専門研修施設として、マンション運営のプロである営業担当(フロント担当)やアメニティーメイト(管理員)、技術員が専門知識を学ぶ研修施設です。ここでは実際の建物・設備を再現し、実践的な研修を行います。

現実と全く変わらない環境での実践的な訓練の成果は、各々のマンションの現場で最大限発揮されます。

アメニティーメイト(管理員)研修

当社に入社したアメニティーメイトは入社時の導入研修において、マンションの管理に必要となる基本的な知識、技術を習得します。

  1. 1. 導入研修

    入社後の導入研修として、区分所有法や管理規約などのマンション管理の基礎知識と、窓口業務や建築・設備、清掃などの基礎的な技術を身に付けます。また、これからの管理業務の基本に、「お客様の安全第一」を徹底する安全教育があります。

  2. 2. 半年後:フォローアップ研修

    入社して半年経過したアメニティーメイトを対象に、安全教育や事例研究、認知症サポーター講習など、より高度な研修を行います。

  3. 3. 1年ごと:スキルアップ研修

    安全教育をメインに、清掃・設備に関しても、より高度な知識とスキルを身に付けます。あわせて、お客様のご要望を正しく把握するために、CS(顧客満足)向上や接遇マナーにも力を入れています。

清掃

お客様の安全や建物の美観維持に配慮した清掃用具の正しい使い方と知識を習得します。
「ホウキ」「モップ」「ガラス清掃」の3点を重点的に指導。日常清掃の基本と応用を身に付けています。

一口にホウキといっても用途によって様々。持ち方や、掃き方などの基本から覚えます。

ガラスに汚れが残らないよう丁寧に作業を行います。清掃後の手入れも大切なポイントです。

材質ごとの汚れの落とし方を学びます。場合によって、支店ごとのインストラクターから個別指導を行います。

外構の清掃や排水溝に溜まった落ち葉の除去も日常業務のひとつ。丁寧な作業を心がけます。

建築・設備

設備の基本的な構造や仕組みを理解し、トラブルを未然に防ぐための知識を身に付けます。
普段お客様の目に触れないものだからこそ、万が一トラブルが発生した場合も的確に対応できるよう実務に即した訓練を行っています。

火事などの異常を知らせるための消防設備。非常ベルの体験や発報した際の対応を学びます。

日々行われる巡回点検。建物の劣化や不具合の発生を見落とさないためにも基本的な知識を身につけます。

火事が起きた際に的確な対応ができるよう、必ず消火器の取扱いを研修します。

頻繁に行われる管球交換も安全に行えるよう訓練します。

営業担当(フロント担当)向け研修

組合運営業務に必要となる知識を実践的な研修によって身に付けます。
管理規約や建築・設備、会計関係など必要な知識のインプットだけでなく、理事会・総会や会計報告のロールプレイング・ワークを取り入れた「アウトプット」の訓練までを体系的・実践的に学びます。
また、段階にあわせてコミュニケーション力をつける研修など、その時々に求められるスキルを鍛えます。