採用情報

社員紹介・東急コミュニティーで働く人々

真のニーズを見極めるマンション管理でお客様満足を創造する。相田 裕輔

Career Step

2011年 マンション事業本部 第二事業部 湘南支店 営業チーム


Work 多様な価値観と出会い、成長できる仕事

入社後、湘南支店に配属され、逗子と鎌倉を中心に約10棟の分譲マンションの管理を担当しています。入居者の方が安心して快適に生活を送れるよう、また建物の資産価値の維持向上をはかるべく、日常の管理から緊急対応まで、様々なサポートを行っています。
お客様の年齢層は幅広く、社会的地位の高い方々も多くいらっしゃいます。そんな方々と出会い、長く関わりながら仕事ができることに一番の魅力を感じます。年代・職種・立場も違う人々の多様な価値観に触れることで自分自身の価値観を広げることができ、柔軟な考えや仕事以外でも多くのことを学ぶことができます。その反面、「お客様が本当に望んでいることは何なのか?」真のニーズを見極めるのは本当に難しいことだと感じます。

Performance 真のニーズをつかめば良い提案になる

この仕事の難しさを初めて実感したのは入社1年目の夏でした。担当者交代のご挨拶に伺った理事会の席で管理委託契約の解約予告を受けたのです。お客様に誠意を伝え、解約を考え直して頂くために様々な取り組みを行う必要がありました。 当時、私は右も左もわからない新任担当でしたが、「決して逃げない」という心構えで厳しいご要望にも一つひとつ応えていきました。しかし一人ではとても対応できないことも中にはあり、そのような時の上司や先輩方のフォローは大きな支えでした。その結果、お客様から徐々に信頼を頂けるようになり、契約は無事継続となりました。
この経験から学んだのは、相手の真のニーズを把握することの大切さです。お客様はご不満の内容について一から十まで説明してくれるわけではありません。それでも決して諦めずに、相手の心の中にあるものを考え抜き、問題の本質を理解すれば期待以上の提案を差し上げることもできます。それが評価を頂いた時は大きな達成感につながります。

Style 建築×ストックビジネス×提案営業=?

大学時代、建築学を専攻していた私は、不動産管理というストックビジネスの安定性に魅力を感じ、また人と接することが好きだったので「建築×ストックビジネス×提案営業」という軸で会社を選びました。入社後に実感したのは、東急のネームバリューはもとより、当社の事業フィールドの広さと東急グループのシナジーです。日々の業務でも、お客様から「部屋を売るときは相田さんに連絡するね」など、不動産売買や賃貸、リフォーム、投資用不動産のことまで幅広いご相談をいただきます。この仕事は、お客様の窓口として信頼を積み重ねることで情報力も高まり、ビジネスチャンスを広げることができると感じます。

Vision 「マンションバカになるな」という上司の言葉

とかく現場の最前線では日常業務に追われ、視野が狭くなりがちです。そんな時は「マンションバカになるな」という上司の言葉を思い出しています。マンション管理の経験は一つの強みとして磨きつつ、他の専門領域にも興味をもって仕事の幅を広げていきたいと思います。社外にもアンテナを張り巡らせるために業界セミナー等にも参加し、知識とともに他社の方々との交流も広げるよう心がけています。
今後のキャリアビジョンとしては、社内の人材マネジメントや、現場の支援ツール・商品開発などにも携わり、構想力・発信力・変革力を養っていきたいです。そして、当社の合言葉である「総合不動産管理業 圧倒的NO.1」に向けて、お客様満足度の向上や労働環境の改善など、今とはまた異なる角度から貢献したいと考えています。

MY ITEM

携帯用のスマートボトル

日ごろ社内や外出先で使っている水筒です。デザインと色味が気に入ったので購入しました。スマートな形で持ちやすく、車のドリンクホルダーにも入るので便利です。

PRIVATE

冬休みに同期とスノーボードへ行った時の写真です。同期とは仕事後に飲みに行ったり、旅行へ行ったり、仕事だけでなくプライベートでも仲良くしています。