採用情報

社員紹介・東急コミュニティーで働く人々

人と人の間に入って、物事を良い方向に進める推進役。髙橋美里

Career Step

2010年 ビルマネジメント事業部 第二資産マネジメント部 施設運営チーム
2012年 ビル企画戦略事業部 企画統括部 企画課(取材時)
2016年 ビル企画戦略事業部 企画統括部 契約管理課
2017年 ビル事業本部 第一事業部 渋谷ビル運営部 運営チーム


Work 事業部課題の把握と解決に向けて

現在、ビルマネジメント事業部を統括する部署で、契約管理をはじめ、事業部の課題把握とその解決に向けた活動に携わっています。前部署では施設運営担当として、物件オーナー・テナント・入居者の間に入って調整する業務でしたが、現在はその対象が社内になった感じです。要するに、人と人の間に入って物事を良い方向に進める役割ですが、「事業部内に方針をいかに周知徹底するか?」「どうしたらより良い運営が行えるか?」を考え具体的な施策に落とす業務は、やりがいとともに難しさを感じます。まだ異動から日が浅く、分からないことばかり。様々な知識の吸収に全力投入の日々です。

Performance 受け身の管理業から、提案する管理業へ

いま取り組んでいるテーマの一つに「清掃・警備のリニューアル」があります。従来、どちらかというと日陰の存在だった業務を、それぞれの建物や施設に相応しい魅力になるよう変えていく試みです。例えば、ユニフォームの改善や女性警備員の登用といった改善策も、その一つ。設備技術スタッフも従来のように裏方に徹するのではなく、お客様と積極的に接する仕事の位置づけにシフトしていく組織改革も進めています。従来の受け身の管理業から、提案する管理業へ。当社の新たな強みを創出するチャレンジはやりがいを感じます。

Style 東急グループ外からの受注実績に注目

私が就職活動の中で「管理業」に興味を持ったのは、お客様と長くお付き合いできるサービス業に近いイメージを抱いたからです。その中でも、当社は様々なカタチの物件の受託実績があることに可能性を感じ、入社を決めました。当社の強みは建物管理だけでなく、工事・運営・サービスの様々な面でも付加価値のある提案ができること。また、チームで仕事に取り組むことが多く、協力し合いながらお互いを高められる雰囲気があります。そうした強みを持つ会社だからこそ、管理の難しい複合用途物件の受注もできるのだと思います。

Vision 現場体験を通して提案スキルを磨きたい

私個人としてはどちらかというと、社内仕事よりは外に出てどんどん行動したいタイプだと思っています。ただ、具体的な現場経験は入社時から2年半の資産運営コンサルタントのみ。様々な現場での業務経験が浅いので、今後はもっと幅広く現場を体験していきたいですね。そして、いずれは豊富な経験を活かし、お客様にとって価値のある提案ができるスキルを身につけて、施設・商業ビルの新規受託業務に携わりたいと思います。

MY ITEM

肌身離さずの手帳

入社時に買ったもので、選んだポイントはオレンジ色の革です。トラブル対応などで焦っている時など、この手帳を見て「落ち着いて、元気を出そう」と思い直すようにしています。

PRIVATE

プライベートでは、時間があれば旅行に出かけています。よくキョロキョロしてしまうので、どこに行っても現地の方に話しかけていただく事が多いです。その甲斐あってかガイドブックには載ってない情報を教えてもらうこともあり、少し得した気持ちになります。その場に行かないと味わえない事が多く、とても刺激になります。