採用情報

社員紹介・東急コミュニティーで働く人々

埼玉支店の支店長として、“提案するマンション管理”の人材を育成。高橋祐己

Work 提案型マンション管理で大事なこと

埼玉支店では、約170棟のマンション管理を総勢23名の担当者が受け持ち、私は支店長として支店全体を統括しています。マンション運営の役割は入居者に安心して心地よく暮らしていただくこと。そのために管理組合のお手伝いを通して、建物の維持管理、清掃、警備業務などを行っています。東急コミュニティーが目指すのは受け身の管理ではなく、積極的に提案する管理。そこで各運営担当コンサルタントには「まず担当しているマンションの歴史を見なさい」と常々言っています。今までにどんな出来事があり、どんなメンテナンスが行われてきたか。設備の状況や管理規則などはすべて頭に入れておく。そこまでして初めて価値ある提案ができ、居住するお客様から評価していただけるからです。

Performance 愛想の良さだけでは信頼されない

例えば家電製品は機能や性能がわかりやすいですが、サービスは見えにくいですよね。でも、サービス業はそういうものだと諦めてはいけない。提供した相手の心に残るサービスをすれば良いのです。私自身も担当時代には相手を説得するよろこびを追求していました。始めは拒絶されても受け入れてくれると達成感があります。管理業は1回のお付き合いではなく、日々継続させていく仕事。その積み重ねで信頼が生まれてくるので、不器用でもいいからコミュニケーションを取って相手の懐に入っていく。そのためには相手を知ること。とことん勉強すること。資産価値を守るために粘り強く説得すること。けっして愛想の良さだけでは信頼されません。

Style サービス品質を生かし、社会に貢献する

少子高齢化やマンションの老朽化問題など、当社に求められる社会的要請は数多くあります。そうした中で「当社が秀でているのは何か?」と考えると、サービス品質の高さ、提案力と実行力なのだと思います。いまや建物の管理だけでなく、高齢世帯を対象とした買物代行やお掃除サービスといった専有部分のサービスも各社模索中です。もちろん地域性や居住者層によって受け取り方は違いますし、容易に解決できる課題ではありませんが、当社が東急グループの総合力を活かし、本腰を入れて取り組むことで企業価値の向上にもつながっていくと考えています。

Message 熱意があれば、人の心は動かせる

不動産管理業はお客様の大事な財産を預かる仕事です。お客様からの要求も当然高く、厳しいものになりますから、サービスを提供する側も誠心誠意で応えなくてはなりません。でも逆に、ここまでお客様と向き合える仕事はそうはないのではないでしょうか。たとえ不器用でも口下手でも、熱意が伝われば人の心は動かせます。そして最終的には会社としてよりも、人間としてお客様から評価される仕事です。もし興味が湧いたら、ぜひ話を聞きに来てください。

MY ITEM

手づくり手帳カバー

最近、夫婦共通の趣味で革製品づくりを始めたのですが、これは実は妻の作品です。素材代は300円程度ですが、どうです、高級感たっぷりでしょう?