採用情報

社員紹介・東急コミュニティーで働く人々

マンション管理という仕事は、人とのつながりで築く、究極のサービス業。

取締役 常務執行役員 マンション事業本部長 増田 健司

Profile

東京・千葉・埼玉内の支店・事業所、および北海道・東北支店を統括する事業部長として、マンション管理ストックの拡大を中心に、その他付帯業務の収益を拡大するための企画立案・実行を推進しています。

増田 健司

建物とそこに住む人の未来も左右する

「マンション管理という仕事の面白さは何?」と訊かれたら、「管理する建物が当社の業務のやり方でどうとでも変化していくところ」と答えます。なぜなら建物は維持管理のやり方次第で、何十年という間に大きな違いが出てくるわけですね。その“どうとでも変化する業務提供”を、私たちが目指す方向に舵取りできるというのは、この仕事の醍醐味であり、これこそ究極のサービス業だと思います。

派手さはないけれど、必要不可欠な仕事

マンション管理では、建物所有者や利用者を中心に、私たち社内関係部署のメンバーや、設備管理・清掃・保安警備・フロントサービスの協力業者の方々などがまわりでサポートするカタチになります。そうした様々な人と人のつながりで業を営んでいる性質上、相手の考えていることや気持ち、性格なども全て受け止めての仕事となります。
管理という仕事はけっして華やかではありませんが、もし管理自体を怠ればその建物の資産価値は長期的に下がってしまいますから、必要不可欠な業であることは事実です。東急コミュニティーという会社は、そこに向かって真面目にこつこつと前進する力が備わっている企業であり、まさにそれが当社の企業価値と感じています。

お客様の心に残るものを提供できるか

マンション運営の仕事では、マニュアルで解決できることは少ないです。いくつかの選択肢があり、そのどれにも一理ある場合の方が多いです。そういった問題に直面した時、自分から動いて提案し、物事を前に進めることができるかどうかが問われます。私も若手の頃は、いつも「なぜこうなるのか?」「どうしたら解決できるのか?」と自問自答の日々でした。
私たちは目に見えるモノを提供しているわけではありません。相手の心に残るサービスを提供できているか。物事を良い方向に運ぶストーリーを作っていけるかが大事だと考えています。そうした仕事の中で、自分の担当する幾つもの物件をハンドリングしていくことができたら、相当な達成感とともに成長感が得られるはずです。

信頼を築いた時、見える世界が変わる

不動産管理業は同じサービス業として「ホテル」と比較されますが、ホテルのユーザーは数泊の利用がほとんど。マンションはそうではなく、ずっとお付き合いしていく仕事です。何年もかかって、最後に握手を求められた時に初めて得られる達成感があります。
結果が出ないのではなく、時間をかけて、自分で出そうと思えば出せる仕事です。人とのつながりも含めて、目に見えない信頼をこつこつ創っていく。それができた時には、見える世界が違うことに気づくでしょう。あなたはきっと精神的にも強くなっているはずです。
冒頭で述べたように、私自身は“究極のサービス業”と自負しています。長期的な視野に立って、前向きにひたむきに物事を進めることができる方なら、きっと挑戦する価値のある仕事だと思います。

MY ITEM

電子辞書と、不思議の石

漢字をよく忘れるので、電子辞書は書類を書く際の必須アイテム。また、不思議の石は人事研修の受講記念品です。緊急時でもこれを握ると不思議と心が落ち着きますよ。