ページ内を移動するためのリンクです

公共施設管理運営概要について

東急コミュニティーは、指定管理者制度、PFI事業を中心に、公共施設の管理運営(PPP)に積極的に取り組んでいます。

PPPとは

「パブリック・プライベート・パートナーシップ」の略で、官民が連携して公共サービスの提供を行うスキームのことです。 PPPの中には、指定管理者制度、PFI事業、コンセッション方式、市場化テスト、公設民営(DBO)方式、さらに包括的民間委託、自治体業務のアウトソーシング等も含まれます。

指定管理者制度について

指定管理者制度とは、政府の行政改革の一環として、平成15年9月に地方自治法が改正され導入されたもので、それまで公共団体に限られていた「公の施設」の運営管理主体を民間企業などに委ねることを可能にしたものです。
東急コミュニティーは指定管理者制度による施設運営管理の受注を推進しています。

指定管理者制度の実績はこちらをご覧ください。

PFI事業について

「PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」は、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。
近年、PFI事業の市場が拡大していく中で、設計会社や建設会社によるコンソーシアムにおいて、管理会社が参画するケースが多くなっております。これは事業者選定にあたって単に施設の企画、建築計画だけでなく、その管理運営計画も重要な要素となっているからです。施設の管理運営手法がポイントとなるPFI事業においては、大型複合用途ビルの管理運営などにおいて当社が培ってきたノウハウを最大限に発揮し取り組んでまいります。

PFI事業の実績はこちらをご覧ください。

コンセッション方式について

国や自治体が公共インフラの所有権を持ったまま運営を任せる方法です。国や自治体にとっては、民間のノウハウを活用することでコストを抑え、サービスの質の向上を期待することが出来ます。東急コミュニティーはコンセッション方式についても積極的に取り組んでいきます。

営業開発事業部企画統括センター
営業企画課

TEL 03-5717-1027

ページの終わりです