ページ内を移動するためのリンクです

大規模改修工事

設計・施工監理

依存度が高ければコストアップ、業務負担とリスクのかけひきが生じます。

通常マンション改修工事は、「責任施工方式」または「設計・監理方式」で行われています。
大規模改修工事を実施するにあたっては、設計から施工に渡る複雑多岐な業務があります。また、その工事内容も幅広く、様々な専門業者が必要になります。

「責任施工方式」は、これらの業務を一括して元請業者が引き受けてくれるほか、元請業者が各専門業者を使って一般的に工事を施工しますので、幅広い工事内容にも1社で対応可能です。しかし、技術や品質に関しては客観性をもたず、費用についても適正であるかどうか、判断が難しいところです。

「設計・監理方式」は、「責任施工方式」の発注形態に加え、設計事務所に設計及び工事監理を依頼する方式です。この場合、品質や技術に客観性を持たせることができ、競争の原理を導入することにより、コストダウンを図れます。ただし、新たに設計事務所に依頼する為の費用がかかるようになります。
弊社では設計・監理方式における設計事務所の役割も担うことが可能です。

メリット
  • 発注窓口が1ヶ所で折衝が容易。
デメリット
  • 元請業者への依存度が高く、工事の技術・品質は元請業者に左右される。
  • 工事費用が不透明。

メリット
  • 工事の技術・品質が保たれる。
デメリット
  • 工事費とは別に設計・監理の委託費が発生し、間接経費が上がる。

ページの終わりです