ページ内を移動するためのリンクです

  1. TOP
  2. マンション管理運営
  3. 災害に対応できる力「対災力」

防災対策

災害に対応できる力「対災力」

災害に対応できる力を備える 対災力

被害を最小限にとどめるためには、日ごろから家庭内でできる備え(自分の命は自身で守る=『自助活動』)をし、訓練を通じて冷静な行動(住民同士が互いに助け合う=『共助活動』)がとれるようにしておくことが大切です。
【家族の命は家族の備えで守り、お住まいのマンションは住民の団結で守りましょう】

マンションの防災への取り組み

いつ起こるかわからない災害。まず、管理組合として有事に備えた体制づくりや役割分担を検討することが必要です。また、各家庭で行う対策と、管理組合主導で行う対策の違いを認識し、明確に区別しておくことも大切です。住民と管理組合との防災意識を共有し、ベクトルを合わせていくために、『住民を守る力・住民と助け合う力』を備えることを勧めています。
当社では、こうした災害に対応できる力を「対災力」として、ガイドブックや、災害時に必要な商品のご紹介も行っています。

家族を守る力と住民と助け合う力をもち、災害に対応できる力「対災力」を高めましょう

マンションの災害対策では、建物の耐震性能や耐火性能だけでなく「住民同士が助け合って、犠牲を最小限にとどめる」「国や自治体の支援が始まるまで持ちこたえる」といったことも含めたトータルな力「対災力」が必要です。家族の命は家族の備えで守り、お住まいのマンションは居住者の団結で守らなければなりません。

「自助」+「共助」で備えを万全に

災害が発生した際の活動は、自助・共助・公助の3つで成り立つというのが、一般的な見方です。

自助
自らを守る活動
共助
地域や周囲と共に助け合う活動
公助
国や自治体による活動

公助は、行政や防災機関による活動です。より専門的な活動を期待できる半面、個々のマンションに対する救援がいつの段階で実行されるかは不明確です。公助に依存する姿勢というのは、危機管理上望ましくないといえます。自助と共助の体制をいかに構築しておけるかで、災害対応の初動が大きく変わってきます。一戸建てと違い、マンションにおいては、建物そのものが共有施設ですから、コミュニティーの形成を含めた共助体制の構築が、より大切になってきます。

「自助」+「共助」で備えを万全に

地震対策ガイドブック

『地震対策ガイドブック』は、「阪神淡路大震災」、「東日本大震災」での被災から復興までの経験や情報をもとに、マンション生活における災害に対応するための力(備え)を、『対災力』として、個々のマンションに備えていただくことを目的に作成しました。

お客さまに、より安心・安全・快適に生活していただくために管理組合向けの災害対策支援のサービスをご提案いたします。

ページの終わりです