採用情報

事業紹介 東急コミュニティーの使命

リーディングカンパニー、東急コミュニティーの使命

管理業界の事業領域の多様化の中でもっとも求められるのが、お客様からのさまざまな要望に応える企業の総合力と信頼性です。東急コミュニティーでは、これまでの実績の中で、総合力と当社ならではの「先見の明」を発揮してきました。そして、業界のデファクトスタンダード(業界標準)を創るなど、市場から高い信頼を得ています。
たとえば現在、管理費会計と修繕費会計の2本立てであるマンション管理組合の会計原則。この実現に、当社は大きな役割を果たしました。また、マンションが一戸建てへのステップとしか考えられていなかった時代から、マンションの長期修繕計画の必要性を説いてきたのです。

当社は設立以来、単に建物の管理運営業を営むのではなく、「未来価値の追求により、良質な社会的ストックの形成に貢献する」ため、オーナー様やそこに居住する方とのコミュニケーションを大事にし、暮らしに「安心」「安全」「快適」「上質」を提供していくという経営姿勢を貫いてきました。まさに社名の「コミュニティー(地域社会・共同体)」という概念と姿勢は、これからも変わることはありません。
東急コミュニティーは時代のスピードと変化に即応しつつ、業界のリーディングカンパニーとして新しい事業・サービスを追求し更なる進化を遂げるとともに、当社に関わるすべてのステークホルダーに対して、価値(バリュー)を提供するベストパートナーであり続けます。

そして今私たちが目指すのは、「総合不動産管理業圧倒的No.1」の存在です。省エネや防災対策などお客様のニーズを汲み取ったサービスの提供による「お客様満足・信頼度No.1」、建築や設備の専門の知識をもった人材の育成強化による「技術力No.1」、社員が働きやすい環境の改善や多様な人材の活用による「労働環境No.1」、そしてマンションやビルに限らず商業施設や公共施設など多種多様な施設管理の拡大による「事業領域No.1」、この4つのNo.1を企業ミッションとして取り組んでいきます。